自炊のススメ

最初はなんか真面目なこと書こうと思いましたがこれと言って何か技術を持っているわけでもないので自分のアイデンティティーである自炊の話をします。これは自炊をしない人に自炊を勧める及びやり方をレクチャーするものなのですでに自炊をしている方はあまり見る意味がないと思います。

なぜ自炊をするのか
自炊するメリットがないとやる気になれないので自炊への第一歩として自炊のメリットを主観全開で2点ほど。
まずなんといっても経済的なことですね。たとえば豚バラ肉は100グラム100円くらいです。もやしは200グラム30円くらいです。米は1kgあたり500円くらいなので茶碗一杯だと75円くらいです。自炊をやってみると分かるのですが特に何も考えずにつくっても300円くらいでおなか一杯になれます。コンビニで300円だとなかなかおなか一杯になれませんね。
2つ目はそれなりに栄養のあるものが食べられるということです。店で売っているカット野菜は一回水にさらしている者が多いので栄養が意外とありません。今は学食でどうにかなったり栄養バランス無視しても若さでどうにかなりますが将来おじさんおばさんになった時のために自炊習慣を今のうちにつけておくのは決して悪くないと思います。

自炊するために必要な考え方
自分もそうでしたが自炊しない人は自炊のハードルを必要以上に高く評価しがちです。ですが実際やってみると案外楽です。その第一歩を踏み出すために自分も陥っていた自炊への誤っていた認識を改めていきましょう。
1、献立は材料を買ってから考える
まず買い物です。材料を買わないことには始まりません。ここで自炊をやったことが無い人は「作る献立を複数日全部決めてそれに必要なものを買う」と考えがちです。ですがそんな大変なことやってる人なんてほとんどいません。買い物に行くときはその日食べたいものだけを決めてあとは適当に少し買います(具体的に何を買うかは後述)。そのあとは材料がなくなるまで冷蔵庫にあるもので作ります。ね?簡単でしょう?
※とりあえずこれを買っておけ
主食系 米、パン、冷凍うどん、パスタ
   パスタはゆでて市販のソースかけるだけでできるのであると便利です。
野菜 じゃがいも、たまねぎ、大根
   じゃがいもやたまねぎはある程度保存もきいていろんなものに使えるので常備してもいいでしょう。
肉系 豚肉、鶏肉、卵
   とりあえずこれらがあれば焼いたり茹でたりするだけで料理になります。牛肉は高いですがお好みで。
2、レシピはググれば出る
自炊っていってもそもそも何もレシピ知らないし…って思うそこのあなた。私もほとんど知りません。作った料理もだいたいレシピ忘れてます。ですが今は情報化社会。そんなもの調べれば無限に出てきます。私はクックパッド使ってます。冷蔵庫にある材料で使いたいやつを検索欄に入れて検索すれば出ます。あとはそれに従って作ればいいだけ、調味料の量とかも書いてあるのに従えば味付けもOK。ね?簡単でしょう?
3、きっちりつくらなくていい
レシピを見ていると人参を3cm幅に切る、醤油大さじ1…等々数字で指定されます。ですがずれても問題ないです。人参の大きさなんてきっちり揃わなくても問題ないですし大さじ1杯だろうと1.2杯になろうと分かりません。不器用だからうまく切れない…調味料の量は厳密にはからないといけないんじゃ…そんなことはありません。口に入れりゃあ全部一緒です。作ってるうちに包丁とか使えるようになります。気にせず作りましょう。ね?簡単でしょう?
4、ちゃんとした料理を作らなくてもなんか作ればいい
自分で料理を作るとなると料理をしたことが無い人は家庭科の調理実習を思い出す人もいるでしょう。ですが50分かけて4人で作った料理を1人でつくるなんて大変に決まってます。そんなたいそうなものを作らなくてももやしと豚肉をゆでてポン酢かけて終わり、のレベルでも自炊です。そういう「簡単なもの」のレシピといわれても何があるか分からないという人は親や自炊している友達に聞いてみると教えてもらえるはずです。ものによっちゃ電子レンジだけで完結するものもあります。ね?簡単でしょう?
5、毎日作る必要はない
自分が作りたいときに作ればいいです。ね?簡単でしょう?


以上自炊を始めるにあたっての心得?的なものを書き連ねました。何するにもそうですが結局はモチベーションの問題なので最初は簡単なところから始めるのが吉です。慣れてきたらだんだんと難しいものに挑戦していくと気が付いたらいろんなものが楽に作れるようになってます。作った料理をネットにあげたり友達に料理をふるまうのもモチベーション向上につながります。それでは皆様、快適な自炊ライフを。
posted by 岩波 at 22:04Comment(0)日記

この記事へのコメント